Uncategorized

ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!1話のあらすじ・ネタバレ

ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!1話あらすじとネタバレ

ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!1話あらすじ

「あなたが宗ちゃん?」

大学を期に東京に出てきた宗介は従兄の哲也兄さんの家に居候することになったが、哲也兄さんと一緒に出迎えてくれてのは美人なギャルママの鈴音さんと愛娘美音ちゃん。

宗介は哲也兄さんが結婚していたことをすっかり頭から抜け落ちていた。

思わぬ形で美人妻の鈴音さんとの共同生活が始まる。

しかも哲也兄さんはここのところ仕事が忙しくほとんど家にいないらしい。

居候初日、鈴音さんが企画して宗介の歓迎パーティーを開いてくれたのだが、哲也兄さんはすぐに出張先に行かないといけないとのことで行ってしまう。

いきなり哲也兄さんの奥さん鈴音さんと娘の美音ちゃんの3人での同居が始まった。

ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!1話のネタバレ

ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!1話のネタバレをご紹介していきます。

歓迎ムードで出迎えてくれる鈴音さん

宗介の歓迎パーティで豪華な手料理を振る舞う鈴音さん。

旦那の哲也も参加すると思っていたのだが、出張で参加できないくなってしまったが宗介が全部食べきってくれたので嬉しく思う鈴音さん。

最近は旦那の哲也さんが家に居ないことが多く少し寂しい思いもあった中、宗介の素直な屈託のない性格と優しい人柄に好感を持つ。

若くて綺麗な哲也兄さんの奥さんの鈴音さんにドキドキする宗介

宗介は鈴音さんをはじめて見たとき、若い、そしてネイルがっつりでミニスカのギャルの鈴音さんに哲也兄さんの趣味が意外すぎるとビックリする。

しかしプリッとしたお尻に大きなおっぱい明るく裏表のない感じの性格の鈴音さんの人柄も一緒に居て居心地がよく感じる宗介。

宗介を歓迎パーティーに誘うように手を握られたときにはすでにどこかで意識してしまっているのか顔が赤くなる。

娘の美音ちゃんともすぐに仲良くなる宗介

ご飯を食べた後、一緒にゲームをして欲しそうに宗介の方を見ている美音ちゃん。

宗介は仲良くなれるチャンスかもと思い「美音ちゃん一緒に遊ばない?」と声を掛ける。

「うん…遊ぶ」と近寄ってきた美音ちゃんはすぐに宗介を背中にしてちょこんと座ってゲームをする。

小さくて可愛いなぁと感じる宗介は美音ちゃんと一緒にゲームをして盛り上がる。

それを見ていた鈴音さんは美音ちゃんと一緒に遊んでくれて仲良くしてくれる宗介のことにさらに交換を抱く。

美音ちゃんが寝た後今度は鈴音さんと大人の遊び!?

美音ちゃんが遊び疲れて寝た後、鈴音さんは晩酌タイム。

久しぶりに遊んでもらえたから楽しかったんだよと話す鈴音さん。

最近は哲也兄さんは忙しく美音ちゃんともなかなか遊んであげれていないと話す鈴音さん。

話を聞きながら膝を抱えて座る鈴音さんのパンツがチラ見えしてしまいつい見てしまう宗介。

遊んでくれてありがとう宗ちゃん♪でも!美音ばっかりずる~いッ
次は私と遊ぶ番だよ!と宗介に顔を近づけて迫る。

(大人の遊びってまさか!)とちょっとエッチなことを考える宗介

「じゃーん♡やっぱりお酒でしょ!ハイ飲めるよね?」と缶ビールを宗介に差し出す鈴音さん。

宗介はちょっとエッチなことを期待した自分に恥ずかしくなっている。

女性と暮らすのが初めての宗介はちょっとしたハプニングでドキドキ

トイレに行ったら鍵をかけ忘れていた鈴音さんのパンツとま●こが丸見え♡

ソファでごろごろしながら雑誌を見ている鈴音さんのパンツとお尻に興奮したり♡

お風呂上りに走り回る美音ちゃんの身体を拭こうと追いかける鈴音さんはバスタオル1枚でおっぱいの谷間が気になったり♡

美音ちゃんを捕まえたと思ったらバスタオルが捲れ上がってて後ろからま●こが丸見えになってたり♡

無防備すぎる鈴音さんにどぎまぎすることに…!

ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!1話の感想

1話を見ただけで鈴音さんのことが大好きになってしまいました。

まず登場シーンからもう可愛すぎる鈴音さん。

ギャル感出まくりなんですが、玄関までピースをして宗ちゃんをお出迎え。

でも宗介の歓迎パーティーの為に振る舞う料理はかなり豪華で手も掛かってて、ギャルも見た目とは裏腹に料理はしっかりできるというところも良いです♡

顔も可愛くてスタイルも良くて性格もキュート♡と言ったら普通の可愛い女性になってしまいますが、鈴音さんならではの魅力というものがしっかりあります♪

ぜひ、1話だけでも見てみて欲しい所です!

画像クリック↓で【ギャルママ】で検索で無料立ち読み!