無料ネタバレ

ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!15話のあらすじ・ネタバレ

ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!15話あらすじとネタバレ

一つ前の14話ネタバレ記事はこちら

ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!14話のあらすじ・ネタバレギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!14話あらすじとネタバレ ギャルママとパコパコSEX~人妻の...

ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!15話あらすじ

鈴音さんが美音ちゃんとママ友の飲み会に出かけてまた宗介さんと二人っきりになった紫音ちゃん。

思いきって宗介さんに勉強を教えてほしいとお願いすると宗介は快く引き受けてくれた。

机の前に並んで座るので距離が近いことに興奮した紫音ちゃんは、また宗介の前でワールドに入ってしまいかなりハードな夢を見てしまう…♡

ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!15話ネタバレ

ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!15話のネタバレを紹介していきます。

また宗介と二人っきりになる紫音ちゃん

鈴音さんと美音ちゃんがお出かけするのを見送る宗介を目撃した紫音ちゃん。

宗介に二人がどこに言ったのか聞いてみると、ママ友との飲み会に行ったということらしい。

帰りは少し遅くなるということは、今日も宗介さんと二人っきり!

「さ~て勉強もう少し頑張るかぁ!」

「あのッ宗介さん!」

「ん?」

「よければ お勉強…教えてくれませんか?」

「紫音ちゃん…うんよろこんで!」

宗介の部屋で勉強を始める二人。

「紫音ちゃんは受験生かぁ」

「はい…私あまり成績良くないので心配で…」

「大丈夫だよ!俺でも合格出来たんだから!ま…二浪だけどね…」

「それでも尊敬します!一流の大学に通えるなんて!」

(距離が…近い)

勉強中に寝てしまってエロい妄想の夢を見る紫音ちゃん

机の前に宗介と並んで座っているのでその近さに近著している紫音ちゃん。

「よし!それじゃあ始めますか!」

「お…お願いします」

カチカチと時計の音が聞こえるほど緊張している紫音ちゃん。

「よし じゃあ次はその問題解いてみて」

「これは………えと…」

わからなくてもやもやしている紫音ちゃん。

「無理!難しいです!全然理解出来ないです!」

「大丈夫!紫音ちゃんなら出来るよ!」

そう言って宗介は紫音ちゃんが考え込んで机につっぷしている頭にポンっと手を置いた。

「そうだな…もしこの問題が解けたなら…ご褒美をあげるよ!」

(ご…ご褒美!何?…何?…まさか…)

バクッバクッバクッと心臓の音が大きくなる紫音ちゃん。

ここからは紫音ちゃんのワールドの妄想です。

「えと…こう…ですか?」

すらすらと回答を書く紫音ちゃん。

「うん正解」

そう言って宗介さんはキスをしてきた。

(キス!?)

!!

「すごいよ紫音ちゃん!三問連続正解だなんて!」

そう言って宗介さんは私の服を脱がせてブラを外して。。

「あッ♡♡」

「ご褒美をあげないとね」

「んッ♡あぁ…おっぱいそんなにもんじゃらめ…♡♡ふぁッ♡」

ムニュムニュムニュとおっぱいを揉む宗介さん。

「それじゃ次の問題は…」

「は…はい フー♡フー♡」

ス…と手を股間に伸ばしてきた宗介さん。

「ひゃぁッ♡」

乳首をつままれてビクっとなる紫音ちゃん。

「少しハードルをあげて」

「と…解けました…」

「おや?珍しく不正解だ ご褒美欲しさに焦っちゃった?」

「そ…そんな事…ないです」

気持ち良くて身体がピクピクとしている紫音ちゃん。

「ハーハーハー」

「そっか なら残念だけどご褒美はお預けだね」

ス…と手を離す宗介さん。

「そ…そんな!」

ご褒美欲しさに涙目の紫音ちゃん。

「お願いです宗介さん!私もう…我慢出来ないんです!私をもっとイジってください!」

紫音ちゃんは自分で仰向けに股を拡げて寝てま〇こを弄りだした。

「仕方がないなぁわかったよ じゃあ最後の問題だよ 紫音ちゃんは変態メス豚肉便器出ある 〇か☓か」

「正解は〇ですぅ 私は変態メス豚肉便器れす!♡」

フー♡フー♡フー♡

ピースをして涎を垂らして宗介に肉便器アピールをする紫音ちゃん。

「すばらしい!大正解ぃ!」

ズプッと宗介さんのチ〇コが紫音ちゃんのま〇こに挿入される。

「あぁ宗介しゃんのチ〇ポキターッ♡あぁッ♡♡」

激しく腰を振る宗介さん。

「んッ♡♡あぁッ♡んッ♡あッ…イッちゃう!♡♡私イッちゃいますぅーッ♡♡」

パンパンパンパン

「よぉし!ならたっぷり中にだしてあげる!」

どくどくと中に出す宗介さん。

「んぁッ熱いのがッ…中に入ってくりゅ♡♡あッ♡」

身体がビクンビクンしている紫音ちゃん。

「次はお尻もいってもようか!」

ニュプププとお尻を拡げる宗介さん。

「お尻!待ってください!そんなの…入らなぃ~あぁッ…ウソ…入ってるぅ」

ピクビク

「ひゃあッ♡おしり♡しゅごい~ッ♡オシッコ♡♡出ちゃう♡♡あッいや♡ダメ♡♡」

ずちゃずちゃずちゃとおっぱいでチ〇コを挟んでドプドプと射精する。

「おいひい♡れす♡」

「しっかり飲んでねぇ」

「あッ♡あ♡」

「出すよッ」

「H気持ちぃ~♡♡あ…♡ん…♡んん」

部屋に戻って宗介のことを考えてオナニーをする紫音ちゃん

「お~い紫音ちゃん!起きてるかぁ?」

勉強中に完全にワールドに入ってしまってる紫音ちゃん。

「気持ちいい♡♡」

妄想を爆発させて声も出てしまっている。

「あは♡あは♡」

「お~い おはよう 今日はもうやめにしとこうか」

(私いつの間に寝てたの!)

起きて驚いてビクッとなってる紫音ちゃん。

「すみません!私先に休みます!」

「うん おやすみ~」

(なんてハードな夢を!)

ピューッと走って部屋に戻る紫音ちゃん。

「ん?」

宗介は紫音ちゃんが筆箱を忘れたことに気づく。

「これ…紫音ちゃんの忘れ物…」

紫音ちゃんの部屋に筆箱を届けに来ると、紫音ちゃんはオナニーをしていて。

「あッ♡♡ふぁ♡あッ♡宗介さん…♡宗介さんッ♡♡んぁッ♡♡」

グチャグチャとまんこを弄っている紫音ちゃん。

「宗介さん♡あぁ♡宗介さ…んッ♡♡あぁッ♡ふぁ♡」

その姿をドアを少し開けてみてしまった宗介。

「あッ♡宗介さん!♡宗介さん…大好きぃ」

つづく

続きの16話ネタバレ記事はこちら

ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!16話のあらすじ・ネタバレギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!16話あらすじとネタバレ ギャルママとパコパコSEX~人妻の...

ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!15話感想

15話もまだまだ紫音ちゃんの妄想爆裂ですねw

ちなみに紫音ちゃんの妄想のセックスもエロくて抜けます(*´Д`)

あと紫音ちゃんは一人で妄想してオナニーを結構するのでそのシーンでも抜けますね♪

ピチピチ十代の紫音ちゃんのオナニーは初心で可愛くていいですな♪

そんな紫音ちゃんのオナニーを目撃してしまう宗介。

しかも紫音ちゃんは宗介の名前を呼びながらオナニーをしている(^^;

そんな姿見てしまったらもう一生の記憶の宝物になりそうですよね(*´Д`)

もし動画に撮ったりするとその動画だけでずっと抜けそうですw