無料ネタバレ

ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!17話のあらすじ・ネタバレ

ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!17話あらすじとネタバレ

一つ前の16話ネタバレ記事はこちら

ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!16話のあらすじ・ネタバレギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!16話あらすじとネタバレ ギャルママとパコパコSEX~人妻の...

ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!17話あらすじ

オナニーを見られたあとに鈴音さんが3Pしようと言いだしたがそんなこといきなり言われてもといった感じの紫音ちゃんだったが、宗介のザーメンを顔にかけられてもう我慢ができなくなった…

宗介にバージンを奪って欲しいと言い出した紫音ちゃんのお願いで宗介は紫音ちゃんの

ま〇こにチ〇コを挿入する。

はじめてのセックスをおえた紫音ちゃんの感想は痛かった…けど少し気持ち良かったかも…♡

宗介のチ〇コはまだギンギンに勃起しっぱなしなのを紫音ちゃんと鈴音さんは見て鈴音さんはあとは2人で楽しんでで♡とその場から離れようとしたが、紫音ちゃんは約束通り3Pをしようと言いだした…♡

ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!17話ネタバレ

ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!17話ネタバレのネタバレを紹介していきます。

妄想だけじゃ我慢できなくなった紫音ちゃん

もう妄想なんかじゃ無理だよ…

ドキ

だって…

くちゅくちゅとま〇こを弄りながら自分の気持ちを確認している紫音ちゃん。

今ココで起きている事は…

現実(リアル)なんだもん♡

「宗介さん私のバージンもらってください♡」

「紫音ちゃん…」

ドキッとしながら驚く宗介。

「それじゃあ入れるよ…」

「はい…」

「紫音大丈夫力抜いて…」

グググ…とチ〇コを入れる宗介。

「う…キツい」

「あッ」

メリメリッ

「大丈夫…大丈夫」

紫音ちゃんの手を握って安心させようとする鈴音さん。

「んんッ」

ビクッと身体が反応して感じる紫音ちゃん。

フーッフーッフーッ

「ふんーッ」

ズプゥッ

「いッたーい!!」

ビクビクッ

「頑張ったね紫音もう全部入ったよ」

ビクッピクッピクッ

「はぁはぁはぁはぁ」

ま〇こはヒクッヒクッヒクッとしている

「大丈夫?ごめんね痛かったね!」

紫音は心配する宗介に大丈夫というかのように自分からキスをした。

!!

「ん…」

クチュクチュと舌を絡める紫音ちゃん。

「あッ」

ハーハー

一旦口を離しても二人の間は唾液で繋がったままだ。

「もう…大丈夫です 続き…お願いします」

紫音ちゃんは手を宗介の頬にそえて言う。

ドキッとする宗介

「紫音ちゃん…じゃあ動くよッ」

ヌル~ッ

「最初は優しくお願いね宗ちゃん」

鈴音さんは嬉しそうにアドバイスを送る

「はい…出来るだけ頑張ります」

正常位で膝を持って股を拡げて腰を振る宗介。

「あぁッ♡あんッ♡んぁッ♡もう少しだけ動いても…大丈夫かもッ」

紫音ちゃんは身体をピクピクさせている

チ〇コとま〇こが擦れる音がくちゅくちゅくちゅと鳴っている

「…了解ッ」

グチャグチャヌチャ

「あッ♡熱いッ♡」

パンッパンッパンッ

「紫音ちゃんッもう…イキそうッ」

「はい…ッ来てください!♡♡」

ズリュズリュッ

ぎゅ~ッ♡♡

「う…締まるッ 紫音ちゃん」

「宗介…さん」

二人は優しい感じでキスをしてお互いを感じている

ビュ~ッビュル~

プュッ

「ふあ”ぁぁッ♡♡」

ビクンビク

「あ”…♡」

ま〇こはヒクヒクしている

「あぁ…♡はぁ…はぁ…はぁ」

「どうだった?初エッチ」

「イタかった…けど…少し気持ち良かったかも…ボソ…

「そっか…良かったね紫音」

紫音ちゃんがまだ顔を赤くして見つめる先にはギンギンに勃起して収まっていない宗介のチ〇コがあった。

それに気づいた鈴音さんは

「それじゃ後は熱々の二人で楽しんで」

行こうとする鈴音さんの腕をガシッと掴む紫音ちゃん

「!?」

鈴音さんと3Pしようと言う紫音ちゃん

「三人で…さ…3Pするんでしょ?お姉ちゃんも…一緒に…その…」

紫音ちゃんの真剣な顔を見て鈴音さんは

「よーしッ じゃあ3Pするかぁ!」

と言ってパンツをスルスルと脱ぎだした。

「妹のお願いだものねぇ♡♡」

「お…お願いとか…そんなんじゃッ お姉ちゃんが最初に言ったんじゃん」

 

「にしし♡あれ?そうだった?」

鈴音さんは紫音ちゃんに重なってお尻を開いて二人のま〇こが宗介に見えるようにする。

「宗ちゃんとも約束したしねぇ♡可愛い姉妹を思う存分召し上がれ♡」

鈴音さんと紫音ちゃんのま〇こはトロトロとしている。

鈴音さんも紫音ちゃんもドキドキとして顔が赤くなっている。

宗介はパンッと鈴音さんのま〇こにチ〇コを入れた。

「あぁッ♡宗ちゃん激しい…よぉッ♡んッ♡あんッ♡♡」

パンッパンッパンッ

「んッあ…紫音ッ」

ちゅ~♡ちゅ♡

鈴音さんと紫音ちゃんは抱き合ってキスしている

「お姉ちゃんカワイイ♡」

パゴパゴと宗介はバックで腰を振っている。

「あッダメッ乳首…弱いのぉ」

紫音ちゃんは鈴音さんの乳首をコリコリと舐めている。

「しゅごい固くなってる♡」

「鈴音さん!あッ…いく…イクゥッ」

宗介はドピュッドピュッと射精した。

鈴音さんの身体はビクビクとしている。

「イクゥ~ッ♡♡」

精子の入ったコンドームを持っている鈴音さん。

中にはドロン…とした精子が入っている。

「あ…♡」

鈴音さんは口を開けてコンドームから精子をトロトロと垂らして飲んでいる。

「紫音ちゃん口開けて…♡んぁ♡」

「んッ♡」

紫音ちゃんに宗介の精子を口移しで飲ませる鈴音さん。

チュパチュルル♡

「宗介さんの精子ぃ…♡♡」

「まだまだイケるよね宗ちゃん♡」

鈴音さんと紫音ちゃんのおっぱいで宗介のチ〇コを挟んでいる。

「もっと私達で気持ち良くなってください…♡」

おっぱい4つで挟んで宗介のチ〇コをグチュッヌチュッグチュッと刺激する。

「宗ちゃんの熱っつ~い」

「すごい…先からどんどんお汁が…」

「あぁまだこんなにッ♡♡」

ビュプッビュル~ッ

「もっと…もっと出してくらひゃいッ♡♡」

「あッ♡♡」

「あんッ♡♡んぁッ♡♡うぅッ♡また私イッちゃってる…お潮止まんないよぉッ♡」

ドプッドビュッ

ブシュッブシャッ

紫音ちゃんの身体は宗介のち〇こに突き上げられてガクガクと震えている。

「ごめん宗ちゃんッ♡私も漏れちゃうーッ♡♡♡」

ビクッ

じょろろろ…

「あ…ぁ♡♡もう…」

「無理れす…はぅ~…♡♡」

セックスが終わって鈴音さんと話す宗介

セックス後

「紫音ちゃん疲れて寝ちゃいましたね」

「だねぇ」

「最初はどうなるかとヒヤヒヤしましたよ いきなりのお願いが紫音ちゃんのバージンをもらって欲しいなんて…」

「えへへ」

 

鈴音さんが紫音ちゃんの前で宗介がち〇こを弄ってるところを見つけた時の回想。

「人の妹でナニしてんの?」

「り…鈴音さん 違うんですコレはその…」

「フーンチ〇ポこんなにしといて何が違うの?ま…冗談はさておき…宗ちゃんにお願いがあるんだけど…聞いてくれる?」

回想おわり

「俺の返事も待たずに急にドア開けちゃうし」

「てへ♡」

「でも本当に俺なんかでよかったんですかね?大切なバージンを…」

「いいに決まってるじゃない♡」

宗介の頬にキスをする鈴音さん。

「ありがと宗ちゃん♡」

哲也兄さんから来月からアメリカに行く話を聞く宗介

翌日

昨日あんな事があったばかりで今日会うのはスゲー気まずいな…

いろいろ考えてろくに寝れなかったし

でも鈴音さんはなんでいきなり紫音ちゃんのバージンを奪ってなんて…

とりあえずいつも通りに

そんなことを考えながらリビングに入る宗介。

「おはようございま~す…」

「おう宗介 久しぶりだな」

「って…兄さん!」

「ちょうどいい所に来たよ 涼音からまだ聞いてないそうだな」

「ん?なんの話?」

「俺達家族三人は来月からアメリカに引っ越すんだ」

つづく

続きの18話ネタバレ記事はこちら

ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!18話のあらすじ・ネタバレギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!18話あらすじとネタバレ ギャルママとパコパコSEX~人妻の...

ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!17話感想

すごいハーレムやわ(*´Д`)

美人なギャルママとその美人な妹JKとの3Pってやばいっしょ(*´Д`)

でもあれですね紫音ちゃんにはゴムつけてなかったんですかね?

鈴音さんの場合既婚で従弟が旦那さんだからゴムしてほしいって話ですけど紫音ちゃんの場合紫音ちゃんもどちらかと言えば生の方が良さそうだしw

こんな姉妹が上下に重なってどっちっでも好きな穴に入れていい状態とかやばくないすか?

しかもその美人姉妹同士でキスをしてレズプレイも見ながらとか(*´Д`)

これはもうほんと興奮が止まらん流れになってきましたよ!

でも元々エロ可愛かった鈴音さんがどんどんどエロになってきていますけどねw

でも鈴音さんやっぱり可愛いですけどね♪